とらやぎ日記

とらやぎ日記

お金、時間、ブログ、小さなことからコツコツ勉強中。

高額療養費制度(覚え書き)

f:id:k-k-a-k-s-k-t-n-t:20170707150930j:plain

ひと月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度。

 

 

年収額ごとに決められた額以上は払わなくていい。

 

自己負担限度額の計算方法

 

①年収約1160万円以上の人

252600円+(総医療費-842000円)×1% 以上は払わなくていい

 

②年収約770万円〜1160万円の人

164700円+(総医療費-558000円)×1% 以上は払わなくていい

 

③年収約370万円〜770万円の人
80100円+(総医療費-226700円)×1% 以上は払わなくていい

 

④年収約370万円以下の人
57600円以上は払わなくていい

 

⑤低所得者(住民税非課税)の人
35400円以上は払わなくていい

 

※ただし保険の利かない先進医療や、入院時の差額ベッド代などは高額療養費制度の対象外となる。

 

窓口での支払いを最小限にする方法(友達からの追加情報)

この制度はお金の振込みまでに時間がかかるため、一度は自分で全額負担することになります。それを、事前に申請することで、自己負担限度額までの支払いで済ませることができるそうです。

 

やり方は、事前に「限度額適用認定証」を保険証の加入先に申請しておき、

医療機関の窓口で「限度額適用認定証」と「保険証」を提示すればOK。

管理人とらやぎ
id:k-k-a-k-s-k-t-n-t
フォロー